日本人プロテニスプレイヤー中村錬オフィシャルサイト 「CHAO」

アメリカのワイルテニスアカデミーをベースにがむしゃらで真摯なプレーで世界中の観客を魅了する異端児のテニスツアー記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

率直な気持ちと簡単な報告を。帰国します。

こんにちは。
1ヶ月の遠征から帰国します。
まだエジプトですがこれから約20時間、ほぼ1日かけて帰国します。

今回はトルコ2大会、エジプト2大会。
トルコはクレーコートで、エジプトはハードコートとサーフェスが変わる初めてのパターンの遠征でした。

今遠征、負けた相手は比較的フューチャーズで結果を出してる選手達でしたが、本当は今回対戦した選手ぐらいの戦績は自分が出していなければいけないですし、そこで競り合ってはいるけれでも負けてしまってるところを打破するもう1歩が必要で、自分に足りてないところで…

そこで足踏みしている事にもまたイライラとの葛藤です。

確かに今年に入って安定してプレーができてきて
良くなってるって手応えがありプレーの幅を広げれていると感じる反面、結果が思っている以上に伴ってこないジレンマがあります。

正直良いプレーをして負けるよりは、どんなに下手でも勝つ方がいいと今は思ってます。

良いプレーの先に結果がついてくるのはわかりますが、今の現状は勝つことがベストです。

勝利に勝る薬はないです。


この後は僕の今大会の簡単な報告と、その時々の感想です。

トルコはクレーコートだったのですが、日本滞在中、特に出発前は良い状態で練習できて出発前したのですが、プレースタイル的にもやはり難しさを感じる事が多かったです。

1大会目の相手選手はその前週に準決勝までいっているプレーヤーでしたが、ついていきながら遅いペースにしていった事で途中嫌がってくれたのですが、最後は押しきられてしまいました。

QR1 75,62
QR2 46,16

2大会目はクレーでもなかなかのビックサーバーだったのですが、両セットとも先にブレイク先行でリードしておきながら途中ブラついてしまい、最後は自分から崩れて苦しくしてしまい、逆転負けでした。
これは本当に勿体無いというか取りこぼした試合でした。

QR1 61,63
QR2 46,57

トルコの大会は随所で良いプレーはありつつも結果につながらないフラストレーションの溜まる2大会になってしまいました。

その後エジプトに移動して来ての2大会でした。
普段の移動はなかなか疲れますが今回はそんなに長い移動ではないのですし、逆に移動を挟む事によって少し気持ちを切り替える事ができ、リセットできました。

エジプトには今年の前半にも来ていますし、僕は比較的プレーしやすいコートで好きです。
前回来た時もいい感覚でプレーできていたので、そのイメージもあり好きなのかもしれません。

クレーコートから少し早いハードコートへ変わって最初は対応が難しいところですが、そんなに違和感をを感じる事なくうまく1大会目から入れたと思います。

今大会は異常に気負いすぎてしまい、空回りしてしまった感が強いです。
気持ちはありましたが、落ち着いて客観的に自分を見れずうまく試合にはいっていく事ができずズルズルいってしまいました。

QR1 64,62
QR2 62,60
R32 26,26

そしてラスト4大会目です。
先週は気負ってしまっていた感がすごかったのでラスト1大会はいい言い方をすれば自然体、悪い言い方をすれば適当な感じでできるだけリラックスして、目の前のポイントだけにこだわらないようにしながら試合に入りました。
前半はこれが良い方向に傾き、プレー自体に幅をつけれていつも以上にコートを広く使う事ができました。
今大会は1回戦から難しい試合が多かったですが
スコア自体からはそれを感じないぐらい落ち着いてプレーできてました。

QR1 62,63
QR2 63,60
QR3 67,62,26

負けた試合はファイナル負け。
今回の相手は前週で第1シードを倒して勢いのある選手でした。
2メートルぐらいあります。笑
僕はファイナルセットの勝率は結構高く、長い試合には自信はあったのですが今回は押しきられてしまいました。
コンディションも良かったので、今年の前半の
課題であった早い展開で攻撃していくのがうまくハマり、44ブレイクで先行したのですがそこからもつれてしまいタイブレークで落とす嫌な展開でしたが、セカンドもしっかり幅とスピードで展開できたので中盤でいっきにいけましたが、ファイナルは相手のサーブから展開に押されてしまい逆に中盤でブレイクされてしまいました。

今練習している遅いペースをここで混ぜれると良かったのですが、まだまだ全部をうまくミックスさせる事ができなかったのが反省です。


結局勝たないと意味がないです。

理想と現実をどれだけ近づけれるかですし、選手生活を送る上でそんなに時間がないのも事実です。
無駄にしてしまった時間をあるとおもいますし、
僕が経験してきた事で活かせてない事もあると思います。

もっともっと考えて、考えて
日々成長していかなければいけないと思います。

帰国したらすぐ練習再開で、次の遠征に備えます。

まずはとりあえず無事に帰国したいと思います。


20170926140921a1a.jpg

幼馴染の大西選手にも久々に会い、練習できて良かったです。
20170926140923247.jpg


Ren Nakamura

| テニス | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://renprotennisnews.blog.fc2.com/tb.php/184-5e601320

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。