日本人プロテニスプレイヤー中村錬オフィシャルサイト 「CHAO」

アメリカのワイルテニスアカデミーをベースにがむしゃらで真摯なプレーで世界中の観客を魅了する異端児のテニスツアー記

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

刺激もらいました!

ブログ4.5

僕らテニス選手は海外遠征が多く、日本で過ごせる時間はそれほど多くはありません。

日本での日常も次の遠征を見据えた練習を中心とし、その時々の体もしくは遠征結果の状況でスケジュールが変化していきます。

なのでいつオフが取れるのか、オフになるのかは
僕ら選手自身ですらギリギリまで悩み、わからないことの方がほとんどです。

そんな中、今回の滞在期間中は同期と少し
ゆっくり会える機会があり充実しています。

1回目はこの間東京に行った時に良仁(西岡選手)に
会いました。
僕と良仁は学年は僕が1つ上なのですが
早生まれなのでお互い95年生まれで昔から一緒なので同期っていう感じの方が強いです。

僕も良仁も昔アメリカで練習していたので
海外にいると生まれた年で考える事が多いので
学年で分けるのが難しいです、、、

20170716144914496.jpg

2回目は同じテニスラボを拠点にしている同期の未唯(加藤選手)と久しぶりにご飯を食べました。

みゆは94年生まれなのでぴったり同期です。笑

20170716144916476.jpg

94年生まれのテニス選手はかなり多いですが
95年生まれは数が少ないですし、アメリカにいた共通点もあるので良仁とプライベートでも仲良くしてます。

そう思うと僕は94年と95年の狭間にいるので
どっちつかずな感じになってしまいますね。
同期の幅が広い気がします、、、

やはりテニス選手なのでテニスの話も多いですが、何気ない会話もします。

こういう時間も大切にしていきたいなと改めて
思いました。

切り替え練習に打ち込み次の遠征に弾みをつけたいと思います。

Ren Nakamura
スポンサーサイト

| 日本 | 21:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。